お正月にお餅を食べることは、風習としてあたりまえになっています。
けれどなぜお餅をついたり食べるようになったのでしょうか?
今回は、正月に餅つきをする意味と由来について紹介していきたいと
思います!また、昔と今では餅つきがどのように変わったかもあわせ
てお話しします。

正月に餅をつくのは、ついたお餅お供え物として捧げるためです。
つまり、鏡餅をつくるために餅をつくのです。
通説は上記の宗教的理由です。正月に家事の楽をするため、保存食に
なる餅を作るという説もあります。

正月に鏡餅を作るため餅をつくわけですが、これは神道に由来します。
神道の神である年神をまつるため、正月に色々な準備を行います。
鏡餅がそうですし、門松や注連飾りもそうです。鏡餅は年神の供え物
として納められるのです。
ちなみに門松や注連飾りは年神の依り代としての働きがあります。
いにしえより年神は穀物の神で、農業の神でもあります。年神に豊作
を願うことが正月の中心行事となった経緯があります。
そうしたなか、平安期に大陸から伝わった餅を祭事に使うようになり
ました。このようにして正月に餅つきをし、鏡餅を供える慣わしが
現代に残ったのです。

昔から餅は臼と杵で作ってきました。当然ながらすべて手作業手作り
です。臼と杵にたっぷりと水分を含ませます。こうすることで、木片が
餅の中に入り込むことを防ぎます。もち米は8時間ほど水に浸して、
ざるで水を切ります。水を切ったもち米を蒸し、蒸しあがったらその
まま臼にあけて打つのです。
つきあがった餅の形を切り分け成形すればできあがりです。
臼と杵での餅つきは手間がかかります。家族総出での大仕事ですね。
現代の主流は、機械を使って餅をつきます。
古き風習を大切にして、臼と杵をつかって餅つきをすることもあります。
しかし素人が杵で餅をつくより機械の方がしっかりつけるので、機械の
使用が重宝されています。