1007729
おいしいお米を生産するコツについて、那珂川の清流ホタル米の生産農家代表の
角田さんに聞いてみました。
安藤「毎年、おいしいお米を作るコツはありますか??」

角田「まず、どのお米にも言えることだが、たくさんの穂を一つの稲でつけると
   栄養がたくさんの粒に分散してしまうので、食味も落ちるし粒も小粒になってします。」

安藤「なるほど、食味が低下して粒が小さくなってしまうということは
   炊き上がりのお米に直結する問題ですね。粒の小さなお米はお米のたちが
   ふっくらとしませんからね。」

角田「そうなんだ、しかも穂が重くなりすぎると倒伏の恐れもある。」

安藤「そうですね。倒伏してしまうとコシヒカリは乳白粒や粒の光、光沢がなくなってしまい
   ますものね。」

角田「お米は粒の付が少なくなればその穂にたくさんの栄養を供給してよい子孫を残そうと
   するから粒ぞろいも良くなり穂全体が膨らんできれいな稲穂になるんだ。」

安藤「収量をほどほどに抑えることが食味を上げることにつながるんですね。」

角田「収量もあがらないと困るけどな~」