先週末から寒さがより厳しくなり小雪が舞うなど
冬本番といったところでしょうか。
ホタル米生産者の方々と新年のあいさつをしたり今週は生産者のもとに出かけたり
来ていただいたりしています。
28年産米の最初の仕事ととして米ぬかを水田にまいたり
たい肥、油かす、大豆の粉砕してものなどを土に入れて
水田の地力をアップさせる作業が続きます。
お米が水田で育つ4月から10月が水田の作業のように思われがちですが
11月に田堀をしたり12月に野焼きをしたり
そして土に栄養を与え、その後にあざの修繕や水田周りの清掃、藪や畔の整備など
たくさんの作業が田植え前にも行われます。